一歩ずつ着実に進めば見えてくる景色があります☆その一歩一歩が明日をつくる

プロフィール

ご挨拶

はじめまして、「つぎのとびら」カウンセリングを担当しております代表の白石裕士と申します。

自律神経失調症やストレスやこころが関係する症状や病気の方に対してカウンセリングと心理療法を行っております。

このページでは、わたくしのプロフィールをなるべく簡潔について書いております。

ご拝読有難うございます。

出身地と現在

広島県で生まれ、

大阪の大学を卒業し、

東京、福岡、大阪、愛知県にて仕事を行ってまいりました。

現在愛知県にて事務局を構えて、活動しております。

まだ小さいですが、息子がおり家族三人で暮らしております。

なぜ、このカウンセリングを行っているのか?

中学生という多感な時期に、今で言う過敏性腸症候群のような症状に頻繁に悩まされる日々を経験しました。

昔ですので今なら少し考えにくいかもしれませんが、「気のせいだよ、そんなことあるわけないよ」との医師に言葉に落胆し、苦悶の日々が始まりました。

理解もなかなか得ることができず、ひとりでなんとかしようとするものの簡単ではありませんでした。

正直、地獄のような毎日でした。

日々の努力からコツをつかむことが奇跡的にでき、長い年月がかかりましたが、悩まされていた症状が普通に戻って行きました。

今でこそわかりますが、あの時こうしてたら、こういうことを知っていればもっと早く乗り越えられたと思うものです。

このような苦悶の日々を送っている方に対して、サポートを行いたいと強く感じてきました。

カウンセリングと漢方と整体を組み合わせた自然療法

仕事で全国のお医者さんとお会いすることができる医療系の仕事に就き、西洋医学や東洋医学の勉強と臨床経験を学ばせていただく機会を頂きました。

そういった中で、西洋医学の手が届きにくいところに対して、できることを自分で行おうと決心しました。

必要な資格を取得し、名古屋でカウンセリングと漢方薬の販売、整体の3つを組み合わせた自然療法のお店を開業いたしました。

おかげさまで全国や海外からもご要望をいただき、ご相談で忙しい毎日でした。

よくなる方もいれば、よくなるまで時間がかかる方もおり、毎日ご相談とより良いものを研究していく日々でした。※「よくなる」は自然治癒力を通してよくなるの意。

よくなる方はいいのですが、よくならない方はなぜなんだろう?という疑問がぬぐいきれず、こころやからだに関するあらゆる療法を学んできました。

学べば学ぶほど、さまざまな世界を知ることができるとともに、余りにも多い療法や治療法と呼ばれるものに疑問を投げかける時もありました。

何が大事なのか?

納得がいきませんでした。

もっと根源的によくなるという「チカラ」が人間には備わっているはずだと信じておりました。

それからも研究の日々を過ごしました。

通常勉強しないであろうところも含めて、学ぼうとしてきました。

その研究によってわかったことと、まだわからないことがありました。

それでも納得できず、研究を続けました。

「こんな状態では、良いものを提供できない」とお店の営業も辞めるぐらいの覚悟で行ってまいりました。

その状態を知る方々に「馬鹿だな~」「そんなに追求しなくても」と言われることもありました。

それでも人間の可能性を信じていました

そうやって見えてきたことがたくさんありました。

しかしそういった「行き過ぎる」ことによって失うものもありました。

誰でもあるかもしれません

わたくし自身、人生を生きてきた中で、苦しい時期もたくさんありました。

大きな失敗やショックな出来事が重なり、自律神経失調症に似た症状で悩まされたり、不安が強かったこともありました。

誰しも人生を生きるにあたって「苦しい時期」や「症状で悩まされる時期」があることかもしれません。

あって「当然」くらいにも思えますが、ないに越したことはないですね。

でもそれぐらい一生懸命生きているんです

そういった経験も今では自分の人生やご相談に活きてきているのが実情です。

ひとりひとり違う

人間はひとりひとり個性や生きてきた経験が異なります。

素晴らしい療法や技術も大事ですが、ご相談者さんへの理解が最も大事なところだと感じております

それがあった上で、できることがあるものです。

「つぎのとびら」のカウンセリング始動

2020年3月より「ストレスやこころが関連する症状や病気」で困られている方、悩まれている方、何か出来ることを探している方向けに専門のカウンセリングと心理療法を再開いたしました。

現在まで約1万件以上のご相談から共通する大事なポイントと共通しないその方独自の大事なポイントが見つかってきました。

いままでご相談いただいた方々の汗と涙の結晶のようなものです。

本当に感謝いたしております。

ご相談者さんへの理解を進めながら、そういった大事なポイントをお伝えして、実践していただき、

「なんであんなに悩んでいたんだろう」

という状態へ行けますように大切にカウンセリングをさせていただいております。

皆様が次のステージに行けますように「つぎのとびら」という名前をつけました。

目的はただひとつ

ご相談をいただいたお客様から

「相談して本当に良かった」

とお声がいただけるようなカウンセリングや心理療法を行ってまいります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

プロフィールトップ
最新情報をチェックしよう!

「つぎのとびら」カウンセリングの最新記事8件

>「つぎのとびら」のカウンセリングとは?

「つぎのとびら」のカウンセリングとは?

自律神経失調症・不安神経症(全般性不安障害)・過敏性腸症候群(IBS)・心身症・身体表現性障害(身体症状症)・不眠症・頭痛などストレスや心理が関連する病気や症状専門のカウンセリングについてはこちらのページへ